むくみの原因とむくみやすい場所を知っておきましょう

婦人

慢性的なむくみの場合

一時的なものではなく慢性的なむくみの場合、下肢静脈瘤や臓器の病気である可能性もあります。病院で診察を受けるようにしましょう。

身体のむくみやすい部位

no.1

重力の影響を受ける足

下半身は重力の影響もあり、うまく余分な水分が循環できずにむくんでしまうことが多いです。特に立ち仕事やデスクワークの場合は足に水分や老廃物が溜まりやすくなるため、足のむくみが起きる事が多いです。

no.2

影響を受けやすい顔全体

お酒を飲みすぎた翌朝に、顔がむくんでしまったという経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。顔は水分の影響を受けやすくなっていて、大量に水分を取ることで顔がむくんでしまいます。

no.3

末端である手

足と同じく人体の末端である手もむくみやすい部分の1つです。違和感を感じたら、手を揉んだり握ったりしてほぐすようにしましょう。

no.4

意外とむくみやすい腹部

腹部にはリンパ節がないため、余計な水分や老廃物が溜まりやすくなってしまいます。腹部が太りやすいのもこういった理由からとなっています。

no.5

背中にも注意

背中の筋肉は日常生活であまり使われないため、筋肉が衰えやすくなってしまいます。背中に重苦しさなどを感じたらむくんでいる可能性が高いため、ストレッチなどをするようにしましょう。

むくみの原因は

女性

一過性のむくみの場合の原因

慢性的なむくみなどであれば病気などの可能性もでてきますが、仕事終わりなどにむくみを感じたりするなどといった一過性の場合はうまく血液が循環できていない際に起きる症状であることが多いです。

椅子に座ったりなど同じ姿勢で停滞している

ずっと同じ姿勢のままだと、ふくらはぎや太ももなどの足の筋肉が収縮することがない状態となります。そうなると筋肉の収縮によって循環している血液がうまく心臓にまで引き上げられなくなり血液が滞ってしまってむくむ原因となります。

塩分の過多

塩分は水を溜め込む性質を持っているため、塩分を摂りすぎると身体の余分な水分がうまく排出されなくなってしまいます。排出できない水分はむくみの原因となってしまいます。

運動不足による筋力の衰え

ふくらはぎなどの足の筋力が衰えてしまうと、血中の余分な水分などをうまく心臓にまで循環することができなくなってしまいます。

足の関節を動かすとむくみに効果がある

むくみを感じたら、足のつま先を上げて、数秒キープしてから下ろすといった事を10回程度繰り返してみましょう。終わると同じようにかかとを上げて数秒キープしてから下ろす動作を繰り返します。足の関節を動かす事によって滞っている血流を動かし、正常に血流を循環するようにします。

広告募集中